スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福度2位の国。

フィンエアーに乗ってやってきました。

フィンランド。

もうね、機内食のサンドイッチから
すでに北欧のかほりがぷんぷん。

だってパッケージがおしゃれなんだもん。

そして、飛行機嫌いの私でも
なぜか絶対的な安心感を持てたフィンエアー。

なんたって世界幸福度ランキング2位。
世界一治安がいいと言われる国フィンランドです。

落ちるはずがない。(偏見?)

でで、世界幸福度ランキングとは…

各国の国民1000人を対象に
5年間に渡り様々な調査アンケートを
したものらしいんだけどさ。

フィンランドは8割近くの人が、

今の現状に満足していて、
さらに将来もっと良くなると思う。

と答えたんだって。

さらに!!

政治家の汚職問題はほとんど聞かないし、
しっかりと機能してサポートしてくれていると思う。

って多くの人が言うってすごくないかい??

全国民に1年間で5週間の有給を与えられて、
仕事は9時から16時までが基本だけど、

こなせるなら遅れて行っても
早く上がってもオーケーな企業が多いとか。

ちなみに、
サウナ大国のフィンランドでは
会社にサウナがあって、
サウナ会議もあるらしい(笑)

でっ、
早く上がれる分、アフターファイブは
大抵の人が自分の好きなカルチャースクールに
通ったりしてるんだって。

さらにぃ~

教育はすべて無料で、
個人の意思を尊重する方針だから
興味のある分野を模索しながら
とことん追求できるシステムで、

それが、社会人になってからも
上記のカルチャースクール
として機能しているわけ。

塾も競争もないのに子供達は
世界トップレベルの成績だそうだ。

確かにフィンランドついてから
アイス屋の店員からお年寄りまで
み~んな英語を話せるのには驚いた。
(母国語はフィンランド語)

そしてそして…

大学は全部国立大学で、
(家賃の8割+お小遣いの支給あり。)
どの大学も優劣はなく一定だから、
就活は何を学んだかと人間性が重要視されるんだと。

北欧の方は税金は高いけどその分
生活が保証されているとはよく聞いてたけど、

実際こんなにも国がうまく機能して
そして、それに満足してる国民がいる
理想的な国ってあったんだーと感心。

逆になんで日本がこんなにも
うまくいかないのか不思議になるね。。
(ちなみに日本はランキング82位で
満足と答えた人は2割だそう。)

まぁ、もちろん
まったく問題がないわけではないだろうけどさ。

でもほんとうにみんなが優しくて、
穏やかで、のんびりしてて、
心に余裕がある感じがひしひしと
伝わってくるのを肌で感じると

この国に問題なんか、
何もないんじゃないか
と思ってしまうくらい。

トルコやアジアや陽気な国の
親切な楽しい人達とはまた違って、

深入りしてくるわけじゃないのに
伝わってくる穏やかさに、
国民性みたいなものを感じたよ。

とても新しい感覚。

褒めすぎて気持ち悪い感じになっちゃったけど、

観光地や街並み以外に、
国自体にすごく興味が湧いたわけです。
(実際観光するようなところは少なめな気がする)

で、初めて住んでみたいな~

ってちょっと思ったよ。

まぁ、個人的には

家具屋、雑貨屋が多い&かわいい。

しかも、北欧家具だけじゃなくて
アンティークものも豊富。

なので、それだけでテンションは上がってます。

しかもさ、どんなデザイナーズの
高級インテリアSHOPに一人でぷらっと入っても、
すごく気持ちの良い対応をしてくれるんだよ。

それも、全部の店が((((;゚Д゚)))))))

おまえ、買うきないだろーがよー!!

的なオーラもぜろ。

オーラに弱い私にとって、
ほんとに居心地が良くて
じっくりゆっくり見やすい。

あぁ、また褒めてしまった( ´ ▽ ` )ノ

あっちなみにこれらのフィンランド情報は、
iPhoneアプリの電子書籍で学んだものばかり(笑)

つくづくiPhone持ってきて良かった。

随分長くなっちゃったけど
全部で6日間。


カモメ食堂行ったり。


雑貨屋めぐったり。


ムーミンワールドまで遠出したり。



家具屋はしごしたり。



アンティークものあさったり。



マリメッコ多分本店。

てな感じで穏やかな日々を過ごしていました。

あぁ、次の国のことを考えたくない。
なぜなら…

また次回かきます(笑)


フィンランド的夏の過ごし方。


どこもかしこも緑が半端なく多い!!


彼女はこの後落として割ってました。


うーん、憧れの国だ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。