あいらぶらお。

駆け足でいきますっ!!

カンボジアから戻り次に向かったのは
寝台列車でウボンラチャターニー。

ここでは年に一度のお祭りを見て来たよ。


全部山車がろうでできてる!!


よくわからない人達(笑)

で、1泊していよいよラオスへ。

ちなみにラオスという呼び名は植民地時代につけられたものらしく、
正確にはラオなんだそうです。



首都ビエンチャン。
ていうかお寺とメコン川。


屋台で出会った元お坊さんがお寺案内してくれたよ。


写真はお坊さんより低い位置でないといけないんだって。

で、ここでお布施をしておみくじ引いたら

「生涯お金に困らない。
身体の大きなひとがスポンサーになってくれるから。」

ていわれた(笑)

その他もろもろいい事ばかり言われたのと正反対に

なおこさんはとても残念な内容でした。

詳細は本人にお尋ね下さい(笑)

そして、ドラゴンボールみたいな景色がみられる街バンビエン。





ここではタイヤに乗ってひたすら
川を流れるチュービングがしたかったんだけど、
残念ながら雨っていうか台風?で出来ず。



街ではピザやクレープに姿を変えたマリファナが
HAPPYという可愛い名前をつけられて
そこら中で売られていたよ。

私はデフォルトで
たいがいHAPPYなので不要でした。

続いて世界遺産の街ルアンパバーン!!



この街が1番好きだったかなー( ´ ▽ ` )ノ
晴れたからかも。


かりちゃった。注目の的子さんでした。

あとは、、


クアンシーの滝。(本来の姿。)


クアンシーの滝。(私たちがいった雨季の姿。)

まるで別人でしたがそれはそれで○!


だーだーん!ブルルンブルルンっ。

それから、



朝の托鉢風景。
(生活に必要な最低限の食糧などを乞い、
信者に功徳を積ませる修行のこと。)


お寺でお経を聞く。(音楽みたいで心地よい)

なんでも、ラオスのお坊さんは

20才までで10個。
20才以上で270個?だったかな

の規則があるんだって。

もちろん結婚は出来ないみたいなんだけど、
花は女性をあらわすという事で
花の匂いを嗅ぐこともダメらしい。

母親であっても触ることも出来ないとか。

他にも夕飯を食べては行けない。
柔らかいものの上で寝ては行けない。
すべての生き物を殺しては行けない。
(蚊が腕に止まったら息で吹き飛ばすらしい。)
歌、だめ。絶対。

とかとかね。

なかなか厳しいね。

そして、毎晩恒例ナイトバザール!!


ぱっとみお店の人ですが、なおこさんです。

とりあえず、ラオスは雨季もよかったけど、
もっかい乾季に時間をかけて出直しが必要だなという感じで終了。

でも、人々は驚くほど穏やかで
出会った旅人さんの話によると
ラオ人は怒るという概念がないそうな。

また来よう、時間をかけて。



で、スピードボートというのは名ばかりの
カヌーのようなこのボートで7時間。
(でも時速60か80?出てるらしい。)

タイヘ戻ってまいりました( ´ ▽ ` )ノ

ちなみにこのボート、
過酷過ぎて乗る人が減少気味らしいですが…

楽し過ぎてもっと乗っていたいくらいでした。
おすすめ~( ´ ▽ ` )ノ





あぁー、というわけで間に合わなかった。。



このあと、

チェンコン→チェンライ→バンコク

と続くのですが…

とりあえず、本日、帰国します( ´ ▽ ` )ノ

まずはお寿司を食べたいと思います。


95リットル本領発揮。