スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念日。

おとしゃん

深夜に目が覚めてしまい、宣言虚しくまたも忘れかけていたブログの存在を、
ふと思い出しての更新です。

息子間もなく2歳。

1歳を迎えた時はさ、やっとこさっとこなんとか1歳まで育てることができた!
という安堵感が大きかったけど、

2歳はあれだね、あっっという間に2歳。気づいたら2歳。寝て起きたら2歳。
もうカップラーメン作る間に2歳になってたと言っても過言でないくらい早かったよ。

やっと2歳ではなく、もう2歳か!という感じ。

0歳から1歳は、
突如この世に現れた謎の生物が、
転がったり、前進したり、一歩が出たりと身体的成長を遂げていくのに感動する不思議な感覚で

1歳から2歳は
その謎の生き物が精神的成長を遂げてどんどん人間になっていく感じね。

なかなか面白い。

あ、でね、タイトルね。なんの記念日かって話ですよ。

この、精神的成長を遂げて人間になった我が息子の成長の証を記念する日。

だけど、母は全然喜ばしくない記念日。

その名も

「お金を稼がない母、お金を稼ぐ母に負けた記念日」(2016.10.10)

※右記記事参照 いくめん。

もうね、その日は突然に、そしてごくごく自然に訪れましたよ。

お金を稼がない母が差し伸べたその手を振り払い

「おとしゃん(お父さん)がいい!」

とね。

お金をかせぐ母ね、平然としていたけどね、
もうね、心の歓喜の叫びがね、そこら中にだだ漏れでしたよ。

パパがいいと娘に言われた話はそこそこ耳にしますが、
パパがいいと息子に言われた話はあまり聞いたことがありません。

まぁ以前にブログで書いていたくらいだから
この日が来るであろうことはある程度予測できましたが、思いの外早かった(笑)

もう今や、抱っこしようか?
と聞いてもおとしゃんに張り付いて断られる(笑)

これさ、言ってしまえば、正直ラクです(笑)

こういうところが良くないんんだろうね。

まぁそうは言っても負けてばかりも入られませぬ。

母乳という最終兵器を失った今、
「愛の熱湯シャワー」に打ちかつ何かを模索しながら
今日も子育て頑張ります。

最後に最近の息子の流行り。

息子「おとしゃんは?」
私「仕事。」
息子「おとしゃんは、会社!」

と言いなおすことです。

おやすみなさい。

写真はペルーーー。
スポンサーサイト

久方ぶりの。

海

びっくりするくらいお久しぶりの更新です(笑)
1ヶ月1回というとてつもなくレベルの低い目標すら達成できず実に11ヶ月ぶり。
でも辛うじて1年越えなかった自分を褒めてあげようと思います。

さて、育児記録をせめてブログにくらい残そう!と思っていたのに、
10ヶ月からさらっと1歳8ヶ月なうですよ。

そりゃあまぁ〜〜〜いろんなことがあった11ヶ月ですがね、振り返りたいが覚えていない。
この一言に尽きます(笑)

毎日毎日成長甚だしすぎて、記憶が更新されすぎて、結果覚えていない。

でも頑張って遡ってみますよ。

11か月 初めの一歩でる 夜間断乳で通報レベルのギャン泣き2日間
1歳 50人近いギャラリーの中一升餅背負う お皿下げる オムツ捨てる 脱いだ服はかごに入れる
13か月 旅行前夜に突発性発疹 
14か月 朝先に起きていすに座ってパン食べてた
15か月 多分このあたりから言葉がちょこちょこ増える
1歳半 うむ、思い出せない
16か月 言葉どんどん増える
17か月 じじばば大好き

だめだ。驚くほど記録にならなかった(笑)
育児記録は鮮度が命ということを肝に銘じて今後頑張ろうと思います。

ただ漠然と覚えているのは、更新が止まったあたりからなんか子育て大変だぞ!
ってなったんだよね、確か。

で、1歳8ヶ月の今、結構楽になってきたな〜と思う今日この頃です。

もっぱら食べ物に対する言葉の発達が著しく
「あ〜美味しかった」「うまっ」「おいしいね〜」「おいしそっ」
「あついよ〜」「お芋欲しいの〜」「パンっ!にゅうにゅう(牛乳)!ごはん!」「プーン(スプーン)ないよ!」
と食関係に偏ってバリエーション豊かに語彙を増やす日々です。

なんていうか、この時期さ、すんごい面白いね、子育て。

まさに昨日できなかったことが今日できる。そんな時期であります。

ここ最近の息子のブームは洋服を自分で着ることなんだけど、
今日はタンスからTシャツを出して履いて
ズボンを頭からかぶっていました。

まったく誰に似たのかトリッキーな息子です。

あ、そうこうしてたら昼寝から起きた。
今日はこの辺で。

写真は多分イタリアの海。
夏だからね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。