スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パタゴニア。

さて、いよいよパタゴニア地方に突入です。

ちなみに、あのダウンで有名なパタゴニアのマークは、
この地域のフィッツロイって山らしいよ。
知らなかった。(うちらは行かなかったんだけどね。)

でっ、そんなパタゴニア地方は
人間より動物のほうが多いという噂。

だから私はサファリパークみたいなのを想像してたんだけど、
まあ、そうゆうわけでもなかったんだけどね(笑)

で、続・怒涛の日々。

カラファテでは1日ツアーに参加。
その翌日…

カラファテ→プエルトナタレス
(6時間くらい。チリ入国。)

ここでまた1日ツアー。
そして翌日、

プエルトナタレス→プンタアレーナス
(2時間くらい。)

ここは観光する暇なく、続けて

プンタアレーナス→ウシュアイア
(8時間くらい。アルゼンチンへ。)

で、ようやく世界最南端の街ウシュアイアに到着!!

これまた1日観光。

余韻に浸る暇なく翌日に~

ウシュアイア→ブエノスアイレス
(フライト5時間!!)

という感じで、
乗れるか危うかったフライトにも
無事搭乗できましたとさ。

めでたし。

では、雄大な自然を。

まず、ロスグラシアレス公園の
ペリトモレノ氷河。

ここでは船で氷河に近づくツアーに参加。

(ほんとは氷河の上をトレッキングする予定が、毎度のように出動が遅くて満員に…)



遠目に見えてるアレ。


船にのって近づきます。強風。


氷河ってやつです。


氷だよ、氷。


迫力大!!高さ80mくらいだと。


とがり。


山々と。


今度は展望台から。


全貌。



ガラガラどっシャーン!!
崩れ落ちる音半端ない。


クールビューティーな横顔。


もいっちょなおこの横顔。

あー、もっと載せたいけど
氷河過剰になりすぎた。

次、パイネ国立公園。


みどりー。


たきー。


トレッキングふう。


ピクニックふう。


パイネは…


雨、風、寒い、冷たい。


でもキレイでかっこよかったよ。

あきらかに私の愛情が氷河に
かたよった日記の仕上がりになりましたが、
ネットが遅すぎて写真のチョイスも含め、後半グダグダになっただけです(笑)

また明日~!!
今日は寝ます。
スポンサーサイト

南下。

だいぶ更新を怠っていました。

お久しぶりです。
皆様お元気ですか?
私は元気です。

ブログをリアルタイムに…
と圧力がかかりましたので
ちょいと駆け足ですすみます(笑)

(ちなみにいうと現在地は中東だったりします。)

で、その後、
予告通りひたすらチリを南下していたわけですが…

汐見荘を出てまずひとつ目のバスに乗車。

ビーニャ→プエルトモン(7時間くらい?)

翌朝到着後、次のバスへ乗りかえ。

待ち時間に市場で有名なクラントを食べますた。

貝のポトフみたいな感じ。安くて美味しい!

で、次のバス。

プエルトモン→バリローチェ(5時間くらい?アルゼンチンへ。)

まぁ、これくらいの移動は慣れたもんだなと
余裕こいていた二つ目のバスの中…

アルゼンチンの国境を超えるあたりで

まさかの全身蕁麻疹っっ!!


「あれ…なんか息苦しい。。
あれ…なんか、かゆいような。。
あれ?あれ!?アレ~???あーれ~!?」


ていう感じで、あれあれ言い出してから
ものの5分程で全身クレーターになりました。

それはもう見たことないね。
体中がぼっこぼこ(笑)

たぶんね、クラントを流しこんだその時に、
ここ数日間分の貝の摂取量が致死量的なものを超えたんだね。

思い返せば、これまでの人生でこんな短期間に
これだけ貝を食べたことないしね。

びっくりたまげました。

でも、なおこさんに励ましてもらいながら
そのままバスに乗っていたら
2時間程でもと通りになったよ。


ほっ。


そばアレルギーとかって
きっとこんな感じなんだろうなー。

皆様も致死量にお気をつけください。

で、バリローチェについたのは夜。

ここはチョコレートとアイスがおいすぃ~、とってもかわうぃ~街!!

おすすめだって聞いてたし
何気に楽しみにしてました。





が、





スルー!!



時間ありませんからね。

一泊して、翌日朝一で三つ目のバスにギリギリに駆け込む。

バリローチェ→エルカラファ(30時間くらい?)

ここにて、この旅新記録更新。

なんて言ってる暇もなく、
止まらないバス移動。

この車中では、
まさかの昼ご飯しかつかないという現実を突きつけられて、
得意の想像バーベキューやら
想像ラーメンやらして
ふたりで空腹をしのぎました。

しかしまぁ、それ以外は期待通り
30時間もなんなくクリア。

なんならもうちょっと乗れた気もします。

そして、ここでようやく
念願のパタゴニア地方に入ったのです。

ウシュアイアまであと半分。

つづく…。


プエルトモンの港。

海沿いの街々。

サンティアゴはあっさり2泊で終了。

なぜなら、私達には時間がないのです。

このあと陸路で過酷な

チリアルゼンチン
チリアルゼンチン

を繰り返しながら南下して、
世界最南端の街ウシュアイアから
ブエノスアイレス行のフライトに乗るまで

あと二週間っ!!

しかないのです。


アタカマで足止め食らってる場合じゃないんです。

その距離がどんなもんかって言うと

東京からベトナム手前くらいまでをバスで移動する感じ。

つまり、北海道から沖縄行って、また沖縄から北海道越えて
もうちょっといく感じ!?(かなり適当笑)

とりあえず、
なんか、
日にち足りなそうでしょ?(笑)



だけど…


あえての…


寄り道( ´ ▽ ` )ノ


海沿いの街。
ビーニャデルマル

あーんど、

街並みと壁画?が世界遺産の
バルパライソへ。

これまた2日間という日程で。

何をしたかって言うと~


だらだら(笑)

ていうのは半分嘘で半分ほんとです。

だって、この宿
夏休みのおばあちゃんち的な居心地のよさなんだよ。

本も漫画もいっぱいあるし、
ギターを練習してる人がいたり、
のんびーりなかんじ。

でも、目的はちゃんとあります。

ビーニャといえば魚介類!!
なのです。

早速、


朝から市場で材料を買い出し!!(…についていく。)


買ってきた魚介を早速調理!!(…するのを見ている。)


そして、みんなで食べる。(…のにはしっかり参加。)

っていうのを繰り返す日々が、
この宿の楽しみ方の一つみたいです。

こういう類の宿では、
料理をあんまりしない私にとって、
いかに腕前のいいシェフと同日に宿泊できるか!!
にかかってきます。

で、出会えたってことですね。

ウニのパスタに貝の酒蒸し。
カニとウニの海鮮チャーハン。
海鮮雑炊に野菜炒め。
手作りかまぼこ、手作りなめろうなどなど。

贅沢。なのに、安いよー。

ていう感じで、
私は必然的にせっせと洗い物係でした。

唯一撮った一枚。


食べかけ(笑)
ちゃんと盛り付けもレストラン級だった!

最近写真ない&撮り方もてきとーになりつつありますね。反省。

ほいで、もうひとつの目的は
バルパライソ。


ほぼ垂直なんじやないかって思う
レトロな乗り物に乗ると、




そこらはアーティスティックな雰囲気。


可愛らしい街並みもありー、


ラクガキ的な場所もある。


家はどれもカラフル。


こんなのもあるよ。


海が見えるのが気持ちいい。

なんか、世界遺産ぽさがいまいち伝えられなかったので、
お暇な方バルパライソってネット検索してみてね(笑)

もっといい感じのところなので。

というか宿の人と話してたら、
そもそも世界遺産の場所に到着してないんじゃないか疑惑が浮上しましたが、
楽しかったので良しとします。


ビーニャにもモアイ。


鼻がマイケル風。

再会。

サンティアゴではさらに

ペルーでの、
「お腹ごろピカドンツアー」
で出会ったチリファミリーにも再会しました!!

(ちなみにチリ入国と共に胃腸は好調)

早速、おさらい!


この素敵な家族ね。

みんな、仕事に都合つけて来てくれるという
なんともうれしい再会( ´ ▽ ` )ノ

泊まってた宿まで車で迎えにきてくれて、
向かった先は伝統的なお料理がいただけるというレストラン。

ワインから始まり、


イチゴたっぷり。美味~。

Cebiche
(魚のマリネみたいの。)

Enpanada
(お肉を挟んであげたもの。)

Pastel de choclo
(オニオン、オリーブ、ひき肉などをトウモロコシで出来た生地をかぶせたもの。)

エトセトラ…

てゆうか、写真ない(笑)

まあ、こんな立派なレストランは
この旅初なもんで、
食べるのに夢中になったという事です。

さらに、デザートにはケーキに
もものジュースのようなもの、
締めのお酒。

と盛りだくさんにご馳走に
なってしまいました。

満腹!!


フリオとアレハンドラ。2人は新婚。


アレハンドラとカルロス。2人は兄弟。


フベナールとなおこ。2人は友達。


食後にパシャり。

そしてお次は夢のお宅訪問!!


みんなでウノしたり。
(してないね、この写真 笑)


おしゃべりしたり。写真暗い(´Д` )


夜景をみながらまたお酒。


アレハンドラは同い年だそう。
美人ですね。


さぁ、楽しいと時間が経つのは
とても早い。


あっという間に数時間…


最後のしめはっ


レモン!!


そう、テキーラね!!




みんな、飲む飲む。






酔っ払う。


寝る。


宿まで送ってくれて…





直後にゲー(笑)


いやはや、
トニモカクニモ
とっても楽しい一日でした!!


Muchas muchas gracias amigos!!


おまけ。


宿のパーティーに巻き込まれる図。

都会へ。

アタカマでのんびりしたのち
向かうはチリの首都。

サンティアゴ~!

ここに行くにはバスで24時間。
なんて知らなかったよ。
もっとちょちょいだと思ってた。
ながいねー。

バスは座席のグレードが4つあるんだけど、
散々悩んで下から2番目を選択。

(1番上は飛行機のファーストクラスよりよさげ。)

これでもし無理だったら
次回からはいい席にしようと。

結果…




20時間爆睡。




起きたら膝の上に配られた思われる朝ごはんが、
座席の隙間に落ちて挟まってるのを見つけました。

安い方にして正解!!

しかも、いつの間にか
あいてたカーテンは閉められているし、
毛布はかけてあるし、
サービス満点。

チリのバスはレベルが高いとは聞いてたけど、
流石です。


アタカマのバス停で出会ったとしさん。南米一人旅中。
沖縄出身69歳だそうです。

としさん曰く、
長距離バスは宿代も浮くし、
ずっと景色をみていられるから好き!
なんだって。

素敵でした。


24時間バスの車窓から。

で、翌日サンティアゴに到着。


街並みは都会ですな。


広場と言えば大道芸。


青空チェス。


せっかくだしね。


チョークってすごい。


地元間溢れる市場では、


名物パイラマリーナを食す。


遊ぶネコ。


花屋もいっぱい。何用か気になる。

これは道端のカフェにて。


ピクルス多すぎた(´Д` )

他にも、公園、動物園、ロープーウェイなどなど…

サンティアゴも
見所はたくさんあるみたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。