ベビーシッター。

べびー

先日のフリマですが、まさかのピーカン晴れでした。
嬉しい限りのはずが、売れない売れない。

でもなんとかしつこく最後まで粘ってね、8500円の売り上げ。
お茶して、焼き鳥食べにいって、飲んで、やっぱりカラオケに行って。
はい、もうマイナスね。

でもね、なんかすごく楽しかったからいいのですよー。
しかも友達に誕生日プレゼントも買ってもらいましてね。
ありがたや、ありがたや。

で、着なくなった洋服が捨てられずに誰かに着てもらえて。
部屋が片付いて、おいしい焼き鳥が食べれる。
うん、いいことしかないじゃないか!

さて、突然ですがタイトルです。
そう、今日わたしはベビーシッターデビューして参りました。

お友達の会社で4ヶ月の赤ちゃんの子守り。

資格もなければ知識も経験もありませんが、
ひとつ言えるとしたら子供が好きです、それだけです。

はぁ、可愛いんだこれがまた。
最近の赤ちゃんはやたらあか抜けていると思うのは私だけでしょうか。

おいしいランチごちそうになって、お母さん仕事できて、私癒されて。

やっぱり、いいことしかないじゃないか。

で、子守唄でも歌おうと試みたわけですが。

「1っぽんでーも人参♪」
「2本でーも …人参…」
「3本でーも …人参…」

題して「なんでもかんでも人参。」

という訳で次回までに子守唄を正しく覚えようと
心に誓ったベビーシッターデビューでした。

しかしこの唄で眠りについたべびさん。
きっと人参の夢を見たに違いない。

写真はイタリアパリヌーロで青の洞窟をともに見た赤ちゃん。
着替えてるとこ撮るんじゃないわよ的な一枚です。

ちなみに余談ですが、イタリアの子供はみんな、何をしても
「かわいいーかわいいーあーかわいいマイベイビー天才あなたが一番よー」
といわれて育つためみんな自信過剰なマザコンになるらしい。
(※真偽のほどは定かではありません。)
という情報を旅行中に得たのを思い出しました。

褒めて伸ばすとはこのことか。

さて、明日は久しぶりの現場仕事です。
気合い入れて寝ます。
おやすみなさい。