スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの子天才期。

TENSAI.jpg

勢いづいたので立て続けに更新。
なんかもう、書きたいことは山ほどあるんだけどね。
時間がない訳でもないんだけどね、何だろうね、時間があると寝ちゃう(笑)

そんな今日は父ちゃんが寝かしつけしてくれたので、久しぶりに起きている夜です。
(自分で寝かせると99%一緒に寝てしまう)

たまにうちの子は寝かしつけいらず!3秒で寝る!
とか聞くんだけどもう羨ましすぎて辛い(笑)

我が家はわりと時間がかかるタイプだな〜きっと。

育児をしていて色々情報交換していると、
子供も十人十色、親も十人十色。
子供の性格もバラバラだし、育児の方法もバラバラ!!
本当に周りのみんなの育児を色々と参考にさせてもらっていますよ。

で、子育てしてると大抵の人が耳にする

「イヤイヤ期」「魔の2歳児」「悪魔の3歳」

ってあるじゃん。

うちもまぁ人並みにそれらしき日々は通ってきましたが、
まぁそれは置いといて、もうひとつ育児本に是非とも追加していただきたいのがこちら。

「うちの子天才期」

これね、確実に訪れます。
概ね2歳前後から3歳くらいまででしょうか。
特に2歳2ヶ月くらいから2歳半くらいまでは強めに出ます。

おそらく大抵の親が声に出すか出さないかは別として、一度は

「あれ?うちの子天才かも?」

と思ったことがあるのでは。

これね、ただの「うちの子天才期」です(笑)
(あ、本物の天才は除きます)

例えば

英語のフレーズを発音良く話す
1週間前のことを覚えてる
パズルを完成させる
知恵がつく

とかさ。
何がポイントって、出来てたことがさらに上手くなるのと違って
今まで全く出来なかったこと、0が初めて100になる時期って驚きも感動も一入な訳ですよ。

でも冷静に考えるとさ、
ただただ聴力の発達、記憶力の発達、手先の発達がこの時期なだけで。
いたって普通の成長なのよね。

過度な期待をして、やっぱり普通だったわ〜
なんて無駄な落胆を避けるべく、声を大にして言いたい。

「うちの子天才期」

ぜひ育児本への追加を(笑)

ちなみに私は遺伝子的に天才が生まれることはないので、
分析の結果、早めにこの期の存在に気付いた為、冷静に息子を見ています(笑)

ただ、ひとつ言えるのは
「うちの子天才期」
の育児、めちゃくちゃ楽しいです。

そして
「イヤイヤ期」
の育児は魂が吸い取られ、心が無になることが多いです(笑)

私はもうイヤイヤ期に関しては前頭葉の発達を待つ以外解決法はないと思っています。
だからあんまり真剣に向き合わない(笑)

そんなこんなで最近の息子。

「オモチャ片付けないなら捨てるよ!」というと
「お母さんお風呂はいってきたら?」と
オモチャを守ろうとする知恵がついてきました。

日々成長。

写真はイタリアの親子。
イタリアは赤ちゃんの時からとにかく褒めて褒めて褒めまくりの教育をするそうだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。