ばぶりーな朝。

今回のツアー
3泊4日でボリビアからチリに
抜けるわけですが、

シャワーがあるのは

「2日目の夜だけ」

とのこと。

しかし、ウユニ塩湖ではしゃぐともれなく



こうなります。

でも遠慮なくこのまま寝るんです。

だって全てが塩で出来た宿のベットは
すでに塩だらけなんだもん。

それもそのはず、
翌日チェックアウト後のベットメイキングをみてたら、
布団をなおしてるだけだったよ。

仕事、簡単だね(笑)

まぁ、それはおいといて、
何が言いたかったかというと

この塩だらけの汚れた体を洗える機会は2日目だけだった

ということです。

その2日目の宿の話。

翌日ウユニ塩湖を半日堪能したあと走ること数時間。

観光スポットに寄りつつ
次の街へと移動してきたわけです。

到着した街は一言で言うとまさに


何もない街。

到着した宿を一言で言うと


人んち。

そしてね、部屋と食堂はね、


暗い怖い。

ちょっとモンゴルの3週間を思い出したよ。

でも、この宿の売りは
あったかいシャワーが出ること!!(有料10ボリ。)

で、まぁご飯を食べた後
1個しかないシャワーに順番にはいるわけです。

そんで私の番。

お金を払いにいくとまさかの、

「トゥデイ フィニート。」
(今日は終わりだよ。)

唯一うりのシャワーに終わりとかあるんだね。

とりあえず、
翌朝の開始時間を聞くと7時と。

6時半に目覚ましをかけてその日は就寝。

翌朝の6時。
シャワーの音で目が覚める。

なんだ始まってるではないか!

慌てて飛び起きお金を払いに行く。

そしてようやく私の番!!

シャワーをだす。

それはもうチョロチョロもいいとこ。糸だね。

まぁ文句はいえない。

ウユニで塩まみれになったし
いつも以上に念入りに洗う。

そして、さぁ流すぞってときに…

水になる。

そして間もなく…

水、止まる。

ちなみに、
この日の体感気温は0から5度くらいね。

朝6時ね。

寒いという言葉では足りないよ。

そして全身泡だらけね。

出れないよ。

ペランペランのシャワーカーテン
に泡だらけの体を隠し、
顔だけ出して助けを呼ぶ。

運良く同室の日本人、
レイチャンがいたので
セニョリータを呼んできてもらう。

「ノーアクア、ノーアクア
フリオ、フリオ」
(水ない、水ない、寒い、寒い)

「tjm○△□tdja○p'd△tdjp ブロークン!!」

ぶ、ブロークン(´Д` )!?

「ノー!ノー!ノーフィニート!」
(私はまだ洗い終わってないと言いたい。)

「フィニート!ブロークン!」
(いやいやもう、壊れた。終わった。と言いたいらしい。)

お互いのフィニートが通じず
このやりとりが何回も続く(笑)

そこに英語とスペイン語が話せる
外人男性登場。

レイちゃん、外人、宿の人、私(裸)

必死になってなんとか泡だらけであることを伝えようとする…

結論でた言葉が…

「バブルバブル!アイアムバブリー!!ノー!フィニート!」

もうNOVAに通ってたなんて言えないね。

でもね、やっと通じたよ。

長かった…。

でもだからって、
お湯が出る訳でもなく。

結果、

前日に買ってた1リットルのペットボトルと

外で車洗ってる氷水級の水で

シャワーの仕上げをしたのでした。

この時の私の悲鳴で
目が覚めた人がいるとかいないとか…。

ふと見ると、
私の次に入ろうとしてた人たちに
次々にお金を返しはじめたセニョリータ。

私も返して!!というと、
水使ったから半額ね。

と5ボリ渡される(笑)

シャワー0ボリ。
持参ペットボトル7ボリ。
車洗ってる氷水5ボリ。

計12ボリ。

お湯浴びた人より高いっていうね(笑)

ボリビア人強し!!


悲劇のシャワールーム。


旅は続く。。。

Comment

さっさー | URL | 2011.04.01 08:50
しるこねえさん、元気そうで何よりです(*^_^*)
てか、仕事前の電車の中で見て一人ニヤニヤしてました。
笑かさないでくださいψ(`∇´)ψ笑
tsukasa | URL | 2011.04.02 02:38
アイアムバブリーーーーwww
凄い国にいるんだねwww
ゆか | URL | 2011.04.02 13:25
ほんと、いのって笑いの神様がついてるよ(笑)当たるあたる!!
いまとなっちゃ笑えるけどそんとき必死でしょ~!!
とりあえず、きれいになってよかったね♫山あり谷あり、、、似合うね!!
しるこ | URL | 2011.04.02 21:36
さっさ
えぇとても元気なのです。
さっさも元気そうでなによりー!
繁忙期だよねー頑張れ(笑)

つかさ
バブリーバブリー!!
すごいでしょ。
ちなみにボリビアはパンが驚くほどまずい。

ゆか
谷あり谷あり。
でも思い返せば旅で一番辛かったのは
富良野かも(笑)

Comment Form
公開設定