ガンジス河。


バラナシ到着。

もうね、ほんとうに暑くてね。

厚いよ、熱いよ、暑いよ~!!

暑いのにさらに停電でファンもまわらないし((((;゚Д゚)))))))

という感じで、、

私の食欲は、珍しくしばし旅にでてしまいました。

でも、日本もかなり暑いみたいですね。
夏が大嫌いな私には気が遠くなりそうな話です。

で、バラナシに来たらガンガーです。

ここまで来たらガンジス河で沐浴せずに帰るわけにはいかない…!!

わけはないですね。

インドでの入院はごめんです。

ということで一滴たりとも触れませんでした(=´∀`)人(´∀`=)

噂通り死体も浮いてたしね…

で、早朝5時起きの、
ガンジス河ボードツアーに参加です。


朝日が昇るなか出発。


みんな早起きねー。


ガートを眺める。


きゃっきゃきゃっきゃいってるよ。


近くの市場。

写真禁止だったけど
24時間遺体を燃やし続ける火葬場もよったよ。

ガンジス河、きて良かった。

ちなみに、このボートも100ルピーって言ってたくせに150とられましたよ。彼らの開き直りには脱帽。

カースト制度が根強く残るインドですが、

ガンガーでは現世での差別を離れて
皆一様に聖河に浸りたいという
熱望で結ばれているそうです。
(地球さんより抜粋。)

老若男女朝日に祈る姿が多かったよ。

ここだけの話(ってブログで書いてるけど笑)、

デリーに到着した朝は、
あぁ~生まれ変わってもインド人には
なりたくないかも…。。

と正直思ってしまった訳ですが…

ぼーっとガンガーで沐浴してる人を眺めていると、

なんかみんなすごく生き生きしてて
楽しそうだなぁ~

と、強く感じた。
ちょっと羨ましいくらいに。

宿でインドの本を一冊読んだのも良かったのか、

信仰を持って、
家族を大切にして、
人とのつながりが深くて、

なんかすごく生きるパワーが
溢れている感じがしてね。

なんか何時間でも座って見ていたかったね。(※暑くなければ。)

で、11億人という人口を考えると、きっと良い人の数は
圧倒的に日本よりインドの方が多いじゃんね。
(確率じゃなくて頭数の話ね(笑))

それに、日本語をはなしてたくみに騙してくる人だって、
目的はなんであれ、まず日本語が話せること自体が
すごいなぁーとしみじみ感じたり。

なんだかもっともっと
色んなインド人と関わってみたいなぁと。

なんて考えてるうちに…あれ??

私インド好きなんじゃないか疑惑です( ´ ▽ ` )ノ

まだまだどっぷり浸かるにはいたらなかったけど、
浸かってしまえばはまるのかもしれなね。

怖い怖い(笑)

そんな感じで、
まだいい人と悪い人の見分けもつかない
超初心者のまま今回のインドの旅は終了。

また機会があればね。

何人かのインド人にハネムーンに
おいでと言われたけど、

それは、ない(笑)

次はネパールだぁ!!


夕方の儀式。


奥様はインド人。


日本語が話せるインド人に旧市街を案内してもらった。
(彼のお店つきコース。)


夜のメインバザール。

食欲不振のため本日のカレーはなし。

Comment

KZO | URL | 2011.06.28 14:03
この旅のinoのインプットはハンパないね。Blog読んでていつも思う。見て聞いて体験してすごい色々学んでんだなぁ~って感じます。いやぁ~土産話が楽しみだわ!
しるこ | URL | 2011.06.29 20:37
なんか、色んなこと覚えたけどすぐ忘れそうで怖い(笑)
書き留とかなきゃー。
Comment Form
公開設定