なますて日記。

久しぶりにネット環境!!

さて、無事インド到着です。

無事宿到着です。

無事アーグラ行きのチケットもゲット。(タージマハルがあるとこね。)

無事おいしいカレーにもありついて、
お腹も壊さないという奇跡もおきた。

極度のマイナスイメージから
入ったのも良かったのか
いろんな事が思ってたほど悪くなかったよ。

でも駅では噂通りに
嘘つきインド人が現れて、
少し感動すら覚えた(笑)

真逆の道を教える上に
道路が封鎖してて通れない
チケットがないと歩道橋は通れない
などなど言ってきた。

でも通れないとか言い出すから
おかげで嘘だって気付けたけど、

ほんとに巧みに入り込んできて
いい人のように見せる話術は脱帽。

接客の参考になるかも(笑)

で、なおこさんと
少し心を痛めながらも決行していた

無視を決め込む大作戦!!

が、それなりに効果を発揮して
大きな問題なく今2日目を迎えています。

日中は外を歩くと滝のような汗が流れるので
巨大扇風機のある宿でゴロゴロしながら
外が涼しくなるのを待っています。

暑くて全身ベタベタな感じ久しぶり。

で、フィンランドとインドは例えたらその差は

ハーゲンダッツとガリガリ君くらいあったよ。

でもガリガリ君もさ、
それはそれですごくおいしいじゃんね。

と言う感じで、

ついにインドに来たなぁっっっ!!

と、強烈に感じながら
ちょっとワクワクしたりもしてます。

ちなみに、
朝8時に宿に着いて、
あと1時間で入れるよー
って言われて部屋に入れたのは
2時間40分後。

これがインド時間なんだね。

でも、ガイドブックによると

初めから2時間て言うとしんどいだろうから
1時間て言っとこう( ´ ▽ ` )ノ

というインド人の優しさなんだそう。

ほんとか?(笑)

歩いて2キロとかでも、
すぐだよ!とか500mくらいっ
て言うんだって。

そこには励ましの意味があるんだとか
ないんだとか。。

と言うわけで真偽のほどは分からないけど、
きっと悪気はないんだろうと思うと、
不思議とイライラしない。

(もしくは、フィンランドで
心のゆとりが出来たのかも(笑))

とりあえず、割り切って行こうと思います( ´ ▽ ` )ノ

ではでは、今から涼しい服を求めて
うんちだらけのメインバザールを
散歩しに行こうと思います。

ちなみに、私はカピカピのでしたが、
すでになおこさんは生ものをお踏みになられていました。

足元注意ですな((((;゚Д゚)))))))


MAX1時間と言って、1時間後に平気で
あと1時間という宿の彼ら(笑)



メインバザール。




混沌。


カレーはどれを食べても絶品だったよ。

次はタージマハルに向かいます。

カウントダウン。

前回日記とのテンションのギャップを
お許しください。

いよいよインドカウントダウンの始まりです。

そう、理想の国フィンランドの次は
まさかのインドなのです。

あぁ…不安7割、楽しみ2割。
で、残りの1割は所在不明。

この割合、この旅初。

初めは楽しみだったんだけどなぁ。。

以下この割合が仕上がる材料となった
話の一部をまとめてみたよ。

6月のインドデリー40度弱。雨季。

体調編。

雨季は地面の菌が宙に舞い上がり
菌がそこらに蔓延している。

また冠水のせいで、足の傷とかから
菌が入り病気になりやすい。

地元の食堂にはシェフに赤痢感染者がたまにいて、
そこで食べると赤痢になる。

さらにアメーバ赤痢になるとイチゴゼリーみたいのが出てくる((((;゚Д゚)))))))

寝ている時に、無意識に上から下から出てきて入院したという話も聞いたし、

割と良いめのレストランでしか食べてないのに
菌に感染した友達も…。

他にも、エトセトラエトセトラ。

インド人編。

空港からのタクシーは
ほぼ100%目的地に連れてかず、
旅行会社に立ち寄り高額ツアーを契約させられる。

駅で列車の切符が買える外国人オフィスに行こうとすると、
嘘つきインド人にやってないだの理由を付けられ高額ツアーの契約をさせられる。
(辿り着くとちゃんと親切なスタッフがいるらしい。)

靴磨き屋に靴の上にう◯ち落とされて高額の靴磨きを余儀なくされる。

家族ぐるみで詐欺をする。

とかね、とかね。とかとかね。

なんだかとにかく毎日ムカつく!!

らしい。

けど、毎日怒鳴ってすっきるする!!

と言っていた方もいた。

とにかく、一筋縄ではいかない。

これがインドらしい。

そんな感じを面白いな~と思えると
インドの旅は楽しくなるみたいだけど。

いや、もちろんいい人の方が多いだろうけど。
(旅の途中で友達になった
インド人家族はいい人だったしね。)

ああ、

インド人とOPP。
OPPとインド人。

どうなることやら…

まだまだ先と思ってたけど、
もう明日の朝にはインドです。

いやはや、まずはいかにして、
旅行会社に連れて行かれずに
ホテルにたどり着こうか。

あっ、ちなみに心が折れたら
さっさとネパールに飛ぶ予定です(笑)

果たしてタージマハルとガンガーを
無事拝むことができるのか。

乞うご期待。

あっ、でも…

ヨーロッパで太った分を
インドで解消できるといいな
という唯一の期待もありますよ。

ではでは今から、

日本語で怒鳴りながらも
時折はっきりと

「ポリース!!」

と挟む練習でもしてしようかと思います。
→これが結構効くらしい。

インド人も捕まりたくはないんだね。

それでは行ってきまーす!!

タージなマハル。

暑い。

しかし暑いよ。

なので、早朝に行って来ました。

タージマハル!!

6時からサンライズが始まるよ~
って前日に教えてもらったから
頑張って5時半おき!!

宿はタージマハルの目の前だから歩いてすぐだしね。

で、眠い目をこすり
5時半に起きて外をみると…

サンはライズドしてました。

あれ…?!

まぁ、気をとりなおして行ってきたよ。

しかしまぁ、朝行って正解。

人、少なめ(とは言えそこそこいる)
暑さ控えめ(とは言えそこそこ暑い)

のタージマハルを満喫できました。


うーん、シンメトリー。


なんか合成っぽい。


こちらもシンメトリー。

インド人は先っちょをつまむらしい(笑)


ぐにゃ。

でもまぁ~~~っっ
ロマンティックな王様がいたもんですね♪(´ε` )

ムガル帝国の皇帝シャージャハーンが、
愛妃のために建てた白大理石のお墓が
タージマハールなわけですが、

彼は自分が死んだら対岸に
黒大理石のブラックタージマハルを造り
さらにそこからタージマハルに
橋を渡すのが夢だったらしい。

天国で会おう!!
みたいな感じですかね。

がしかし…
実の息子に幽閉されてしまい
夢は叶わなかったらしい。

そこからの眺めが


こちら。


もいっちょ。

ここは公園になってて
なかなか綺麗な場所でした( ´ ▽ ` )ノ

夕陽が映るとさらに綺麗になるみたいだけど、
この日は雲が邪魔で見れなかった(´Д` )

ちなみにここは、インド人にとって
絶好のデートスポットだそうです。

で、この時すでにOPPが始まっていた
なおこさんは残念ながら不参加。

そして、帰宅後私ももれなくそちら側に参加。

ここから2人で励ましあいつつ
インドの洗礼を戦い抜いたのでした。

そして、前回の日記に至るわけです。

そして、一度は考え直したバラナシですが、
悩んだ結果行くことにしました!!

結局いいクラスのチケットが取れず、
アグラで足止め三日間くらいましたが
ゆっくり休めたのでまぁいいか。

そして今、寝台列車の中で
この日記を書いています( ´ ▽ ` )ノ

いよいよ、起きたらバラナシだ!!!



アグラ城ではなぜか
やたらと人気者日本人でした(笑)


ヘナもやったよ。

ワンパーソン100ルピーと言ってたのに
終わったら片腕100ルピーだとか言い出した(笑)

でたでた。

これもインドの洗礼ですな。



でも弟が可愛かったので、許します。


本日のカレー。